2017年9月 6日 (水)

2017年8月の資産推移

2017年8月の資産推移

   【 月間パフォーマンス 】   -1.75%

   【   短中期投資    】   悪かった

       2017年7月迄      →      2017年8月迄

   207勝220敗(48.48%)        238勝257敗(48.08%)

   【   中長期投資   】    普通

   【   ETF(ETN)    】    普通

<< 総評 >>

 8月は、先月よりも悪かった。

 日経平均株価は8月-1.4%。

 

↑↑応援クリックお願いします↑↑

2017年8月11日 (金)

2017年7月の資産推移

2017年7月の資産推移

   【 月間パフォーマンス 】   -0.19%

   【   短中期投資    】   悪かった

       2017年6月迄      →      2017年7月迄

   175勝188敗(48.21%)        207勝220敗(48.48%)

   【   中長期投資   】    普通

   【   ETF(ETN)    】    普通

<< 総評 >>

 7月は、良いところ無しの月だった。短期投資が5月からずっと不調であり、

そろそろ復調して欲しいが今月も今のところ不調。

 日経平均株価は7月-0.54%。

 

↑↑応援クリックお願いします↑↑

2017年7月 2日 (日)

2017年6月の資産推移

2017年6月の資産推移

   【 月間パフォーマンス 】   +4.29%

   【   短中期投資    】   かなり悪かった

       2017年5月迄      →      2017年6月迄

   141勝136敗(50.9%)        175勝188敗(48.21%)

   【   中長期投資   】    良かった

   【   ETF(ETN)    】    普通

<< 総評 >>

 今月6月は、先月同様、中長期投資は良かったが、短中期投資の成績が

かなり悪かった。

 日経平均株価は6月は+1.95%。

 

↑↑応援クリックお願いします↑↑

2017年6月 7日 (水)

2017年5月の資産推移

2017年5月の資産推移

   【 月間パフォーマンス 】   +2.76%  普通

   【   短中期投資    】   だいぶ悪かった

       2017年4月迄      →      2017年5月迄

   110勝101敗(52.13%)         141勝136敗(50.9%)

   【   中長期投資   】    良かった

   【   ETF(ETN)    】    普通

<< 総評 >>

 今月5月は、先月とは逆で、中長期投資は良かったが、短中期投資の成績が

だいぶ悪く、思うような結果は得られなかった。

 日経平均株価は5月は+2.36%。

 

↑↑応援クリックお願いします↑↑

2017年4月30日 (日)

2017年4月の資産推移

2017年4月の資産推移。

   【 月間パフォーマンス 】   -4.27%  悪かった

   【   短中期投資    】   まずまず良かった

        2017年3月迄       →       2017年4月迄

     82勝73敗(52.9%)           110勝101敗(52.13%)

   【   中長期投資   】    悪かった

   【   ETF(ETN)    】    横ばい

<< 総評 >>

 今月4月は、ETFは相変わらず横ばいで増減はほとんどなく、短中期投資は

引き続きまずまず好調をキープ出来たが、中長期用銘柄の下落が大きかった。

 日経平均株価が+1.52%と上昇しているにも関わらずこの成績では

落第点。

 

↑↑応援クリックお願いします↑↑

2017年4月 9日 (日)

2017年3月の資産推移

筆者の3月単月のパフォーマンスは、

   +0.09%

でした。

投資手法毎に見てみますと、

 まず、短中期投資の成績は、

     2017年2月迄       →       2017年3月迄

  55勝53敗(50.93%)           82勝73敗(52.9%)

と勝率は先月より上昇しました、成績は少しプラスだったと思います。

 次に、中長期投資は、

先月調子が良かった反動でイマイチでした。

 そして、ETF(ETN)は、

トントンでした。

 

 

↑↑上記バナーをクリックして頂きますと、ブログ村のブログランキングへ移動

します。怪しいボタンではありませんので、ポチッと御協力お願い致します。

ポチッとして頂きますと筆者のブログランキングが上がり、筆者喜びます

2017年3月 1日 (水)

2017年2月の資産推移

今日は日経平均株価上昇。

筆者の2月単月のパフォーマンスは、

   +4.73%

でした。

投資手法毎に見てみますと、

 まず、短中期投資の成績は、

     2017年1月迄       →       2017年2月迄

  32勝31敗(50.79%)          55勝53敗(50.93%)

と勝率は先月とあまり変わらず、成績も良かったです。

 次に、中長期投資は、

珍しくかなり良かったです。

 そして、ETF(ETN)は、

横ばいでした。

 

 

 

↑↑上記バナーをクリックして頂きますと、ブログ村のブログランキングへ移動

します。怪しいボタンではありませんので、ポチッと御協力お願い致します。

ポチッとして頂きますと筆者のブログランキングが上がり、筆者喜びます

2017年2月18日 (土)

あくまで結果論ですが、(追記あり)

今日は日本株式市場休場。

今日はちょっと気になるコメントを見つけ、少し考察してみました。

急いで計算したので計算間違い等多々あるかもしれませんが、その辺は

ご了承下さい。間違いがあった場合はご自身で再度検証お願い致します。

尚、途中の計算で出てくる年率は単純計算したものですので、正確ではないことを

ご了承下さい。

気になったコメントは、

「順調な上昇相場を見送っても、暴落からの戻りを取った方がパフォーマンスは

いいかもしれない。」

です。とある有名投資家さんのブログのコメント欄のコメント返しです。

このコメントを見た瞬間、

「んん!?スゲッ(発想)!(直感的に)そうかもしれない」

と思ったのでした。ここで注目して頂きたいのは、

「順調な相場を見送っても」という部分です、この文言があるなしで全然違った

意味となったりします。

日本の指数だとブーイングが起こる可能性大なので、NYダウでやってみました。

2007年10月 14198.1(リーマンショック前の高値)

2009年3月   6469.95(リーマンショック後の底値)

2013年2月  14149.15(リーマンショック以前高値付近まで上昇)

2013年3月  14585.1(この月にリーマンショック以前の高値奪還)

2017年1月  20125.58(史上最高値更新)

もし、

① 2009年3月の底値で買った場合、リーマンショック以前の高値(14198.1)

までの上昇率は、+119.4%(年率+21.1%)

2009年3月~2013年3月(期間4年)

② 2013年3月の高値奪還(14198.1)で買った場合、2017年1月までの

上昇率は、+41.7%(年率+9.5%)

(期間3年10ヶ月)

③ 2009年3月底値で買い、2017年1月まで持っていた場合、

上昇率+211.1%(年率+15.6%)

(期間7年10ヶ月)

④2007年10月の高値(14198.1)で買い、2017年1月まで持ち続けた場合、

上昇率+41.7%(年率+3.8%)

(期間9年3ヶ月)

となりました。

ここでちょっと考察。。。

①や③の底値で買うパタンは無理だろ!と思われると思いますし、筆者もそう思います。

但し、①や③のような神業が無理でも、

②と④のパタンを上回るには、

2007年10月~2013年2月の5年4ヶ月の期間内のどこかであれば、どこでも

②や④のパタンを上回ることが出来ていたことになります。

(もちろん結果は売り時にもよりますしタイミング投資では売り時の方が難しいです)

逆に下回るパタンは、2013年2月~2017年1月の3年11ヶ月の期間となり

上記期間よりも短い期間です、あくまで今のところ(2017年1月迄)の話ですが。

また、これはあくまで2007年10月~2017年1月までの超長期目線では短い期間

での結果論でしかないことをご了承下さい。

違う期間で計算すればもちろん違う結果となり、タイミング投資よりもバイ&ホールドの

方が良い結果となると思います。

実際の投資はくれぐれもご自身のご判断、自己責任のもとお願いします。

追記 : 但し、上記計算には、

配当金や税金の計算等は含まれていないので、それらも考慮した場合、

タイミング投資の方が優位な期間は5年4か月より少なくなり、それなりに

低い位置を狙わなければ、NYダウオンリーのタイミング売買で

NYダウ(キャピタルゲイン)+配当・税金分等を上回ることは難しいかも

しれないことを追記させて頂きます。

さらに、今後リーマンショック級の暴落が起こるかどうかということも考え

なければいけないと思います。数十%程度以下の下落であればバイ&ホールド

の方が場合によっては有利かもしれません。

結論としましては、机上上での話となってしまいますが、タイミング投資で配当・税金分

等を含めある指数を上回ろうと思ったら、その指数だけのタイミング売買だけでは難易度

が高く、その指数以外の何か別な物も駆使しなければ指数+配当・税金等を

アウトパフォームすることはなかなか難しいのかもしれません。

 

↑↑上記バナーをクリックして頂きますと、ブログ村のブログランキングへ移動

します。怪しいボタンではありませんので、ポチッと御協力お願い致します。

ポチッとして頂きますと筆者のブログランキングが上がり、筆者喜びます

2017年2月 1日 (水)

2017年1月の資産推移

今日は日経平均株価、上昇。

筆者の昨年末から1月末日までの資産推移は、

   +1.61%

でした。

投資手法毎に見てみますと、

 まず、短中期投資の成績は、

     2017年1月

  32勝31敗(50.79%)

と勝率もまずまずで、結果も良かったです。

 次に、中長期投資は、

こちらも良かったです。

 そして、ETF(ETN)は、

残念ながら悪かったです。

 筆者の場合、今まで過去全て、1月の成績は芳しくなかったのですが、今年は

日経平均株価が去年末比-0.38%に対して筆者は+1.61%と日経平均株価

も上回り、1月苦手自分アノマリーも克服され幸先良いんじゃないの!?という

スタートを切ることが出来ました。

 毎年同じような事を言っているような気がしますが、

今年こそは良い結果となって欲しいです。

 

↑↑上記バナーをクリックして頂きますと、ブログ村のブログランキングへ移動

します。怪しいボタンではありませんので、ポチッと御協力お願い致します。

ポチッとして頂きますと筆者のブログランキングが上がり、筆者喜びます

2016年12月31日 (土)

2016年12月の資産推移

今日は大晦日、もうすぐ2016年も終わろうとしています。

筆者の昨年末から12月末日までの資産推移は、

   -0.27%

となり、今年が終わりました。

投資手法毎に見てみますと、

 まず、短中期投資の成績は、

     2016年11月迄        →     2016年12月迄

 101勝110敗(47.87%)          107勝96敗(52.71%)

と勝率が上がりました。回数が減っているのは、止めたものの分を除外している

為です。短中期投資は今月もまずまずでした。

 次に、中長期投資は、

かなり良かったです。

 そして、ETF(ETN)は、

悪かったです。

 

↑↑上記バナーをクリックして頂きますと、ブログ村のブログランキングへ移動

します。怪しいボタンではありませんので、ポチッと御協力お願い致します。

ポチッとして頂きますと筆者のブログランキングが上がり、筆者喜びます

«2016年11月の資産推移

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ